おとなんとかとか

ブロマガに記載していた、ニコニコ動画関連の内容を書くブログです。

カテゴリ: 解説

動画内で色々偉そうなことをネタとはいえ書いているので(この記事も偉そうに見えたら申し訳ありません)




1.作ろうと思うキッカケを作る

今回は「音MAD」を見て「この使用曲・手法を取り入れた音MADを作りたい」パターンでした。

主目的・目標もなく、ただただ長く音MAD作ってるだけな自分と比べたら、最近の音MAD作っている方々のほうが遥かにすごいです。
「金星のいわせ節2」はBDD戦法らしいですが、発祥元動画見る限り、多分音MADユニバースみたいに拡大解釈が複数ある可能性もありますね・・・

他には下記のパターンがあります。
  • (多め)曲を聞いて「音MADにしたらもっと楽しいだろうなぁ」→作る
  • どこまでうまくなったのか気になり、最低でも「前回同じ使用曲を作ったものよりクオリティが高いと言える動画」を目指して作る
  • とりあえず音MAD作りたい!→作る


2.とりあえず使用曲を聞く

今回の使用曲となる「金星のダンス」を作る前に1回通しで聞きます。どれだけ聴き込んでいた曲だとしても最低1回は通しです。
音声の草案をそこで決めます。



3.どうにかして音程を調べる

WaveTone様々です。温度変えたりL-R使い必要な音を拾います。
有名曲の場合はピアノアレンジしている方々がいらっしゃいますので、楽譜・MIDIを入手し参考にするのもありです。


4.試行錯誤

まず、自分はいつものUTAU人力を使おうとしました。ところが全く合わない・・・。
特にドラム打ち込みメインの部分は使用曲利用でもごまかし効果が薄くなります。
諦めてレアBGM一本にしました。「ジュラル星のモンス」の手法になりました(?)。

しかし今度は裏の音がちっとも合わない・・・。激突し合って聞くに耐えない音となってました。
これも必要最小限の音にします。諦めました。

これにより動画のネタがなくなりました。ならば動画で遊ぼうと決め、チャー研MAD作ろうぜみたいな中身になりました。


5.音声の完成を目指す

ドラム打ち込みは決まっていたので、Studio One 4 Primeをインストールし適当に打ち込みました。本当に適当なんです・・・。


作るキッカケとなった「金星のいわせ節2」を聞いて、なんか強い音があるなぁと思い、使用曲を加工しそれっぽくしました。
ドラム打ち込み部分(背景が黒っぽい部分)では画像の分下記刻みを繰り返してます。


他、音程を調べて合わせ、動画を想定した構成にしました。


6.動画の完成を目指す

動画草案は音声を作りながら決めました。ネタ帳は用意せず原則その場で決めます。
MAGIX VEGAS ProはルーラーにベースBPMを設定できるので(変化は不可)、設定してから作ります。



"でもなんだかんだ"金星のダンスは再現が比較的"難しい"部類です。うまいことスクロールを使っているためです。


ざっくりと始点・終点を決め、移動方法をそれっぽくしました。トラックごと動かしました。
VEGAS ProType Titlerにて動かすことも可能ですが、プレビューの都合上面倒ですのでそれでしか出来ないこと以外で使用することはありません。
緑→高速(AviUtlでは"減速")、青→スムーズ(AviUtiでは"加速"+"減速")を使いそれっぽくしています。


ドラム打ち込み部分は流れを壊したかったのですが、そのままベチャッとレアBGMタワー載せても面白くなかったので下記画像のようにしました。
左から優先的に適用されますので、「クロマキー抜き」→「色の補正」→「シャープ化で解像度誤魔化し」→「マスク ジェネレータで白っぽく」→「黒の復元で線を浮き出しつつほぼ黒・白へ」→「反転で白へ」ということです。



ともかく基本は「一番下に動画を置いて、色とフォント・配置はなるべくそれに合わせる」でした。
流れを壊したい部分や独自部分は無視しますが、それでも一部分(例えばフォント)は統一してある程度の世界観を保ちました。
ぶっ壊しすぎる・PV無視するのも一考ですが、この場合センスが問われます・・・。自分にそんなセンスはありません・・・。


7.完成!!

ここまでで約3日でした。やる気があれば音MAD作れるんですね(1年間作ってませんでした)。
出力後サムネイルどうしようとなったので、「チャー研MADで」→「金星のダンス」に置き換えて静止画出力しました。
Sony Vegasからの機能ですがプレビュー画面は出力状態をそのまま静止画出力できるので楽・便利です。プロジェクトファイルの保存も不要です。

エンコードはつんでれんこに任せました。開発終了しているので派生ソフトかそれ以外の何らかに乗り換え予定です。

8.コンテンツツリーの作成(おまけ)

今回は作るきっかけとなった動画から多大な影響を受けたので、コンテンツツリーを作成しております。
コンテンツツリーを作成すると必ず親動画の投稿者に通知されます。自分もいくつか受けております(ありがとうございます)。
ひっそりとやりたい場合は非推奨ですが、堂々とやりたい場合は推奨します。

コンテンツツリーは投稿動画一覧の下記画像から設定できます。




制作過程は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ナック誕生祭まで近いので、もう色々出しておきます。

音声
研の人力に重音テトと重音テトピッチ-5.00、そして使用曲を重ねました。大して歌詞変更していないのは使用曲まで重ねたためです。
別音声を重ねるのはアンハッピーリフレイン×チャー研以来常套手段になっていますが、これは主にブレスを足すためにやっています。もちろん発音をごまかしているというのもありますが、ブレスだけは機械的にあまりどうこうできるものではないので、重ねてしまった方が早いです。

ちなみにセリフ合わせは全て作ってる最中に思いついたものを入れています。ネタ帳などは用意していません。
人力歌詞も今回は事前に考えずにやりました(いつもは事前に組み立てています)。


動画
あるアルファチャンネル付きの合成用素材があるとします。
Vegasでは、マスク ジェネレーターを使用しアルファでマスクを作ると、その素材を白で塗りつぶすことが出来ます。
そのマスクを反転することで、白背景から素材部分を綺麗にくり抜いたようなものが完成します。

素材を使用する場合クッキーカッターはあまり意味無いです。

そうして出来上がったものを用いると、PVの大半は再現できます。

なおこれを応用し、マスク ジェネレーターでのくり抜き方法変更や色着色などをすると、下記動画の18:15~19:48が再現可能です。
AviUtlでの再現方法は他の方が詳しいと思うのでお任せします(丸投げ)。



テキストについては全編ProType Titlerです。テキストだけでも、AviUtl+拡張編集プラグインで出来ることはVegasの場合ほぼVegas Pro or サードパーティ製プラグイン購入となってしまいます。必要最小限のことは出来るのですが、行間を詰めるなどをやり出すと面倒なことに・・・。
Vegas Pro 10/Vegas Movie Studio 11系よりプラグインが新仕様になったようですが、テキスト性能は残念ながら相変わらずです。素直にVegas Proを購入しましょう。


1.データ収集
検索結果から出されたデータを完全に信用して、ポイントを算出しています。
マイリストに一旦登録して、規定日時にそこから集計するという方法も取られているらしいですが、微々たるものとはいえその分のポイント変動があるので採用していません。
ニコニコランキングメーカー ver.3.00より、検索結果APIが利用可能になっていますので、総決算ランキング 2014年度はそちらを採用しました。HTML解析よりも当然ですがスピードが上がります。ニコニコ動画に対するサーバー負荷も考えると、β機能とはいえ可能な限りAPIを使うのがよろしいかと思います。
ジャンル別ランキング第1回より投稿者名を表示するようになりましたが、その時は全て手動打ち込みで行いました。総決算ランキング 2014年度より、自動取得を採用しています(*1)。
警告音を出すべきかどうかは動画を見てみないと分かりませんので後回しにします。
ピックアップもこの時点で取ります。ピックアップ分はデータを隔離します。


2.動画チェック・除外作業
動画を確認し、掲示しているルールに沿って除外します。除外したら順位が当然変動しますから再計算を行います。
除外対象かどうかはタイトルで分かるものもありますが、一応動画確認はします。判断が難しいものがありますが、その場合最後は自分の感覚で決めています。独断であると断っているのはそのためです。


3.動画取得・分割
ニコニコランキングメーカーの機能を使って動画を取得します。
動画はちょうどいい感じに切り分けます。チャー研ランキングでは、大体10秒などの表現にしています。
これは、全自動で切り分けている訳ではなく、一つ一つ動画を確認して、キリの良い感じに区切っているためです。
今まで使用していたニコニコランキングメーカー付属動画カッターでは、854*480のサイズを正しく認識出来ずエラー落ちします。OKを押さずに無視することは可能ですが、音声しか聞こえないため非常に難しいです。最近主流のサイズになっているため、これは痛いです。
シーンカットブラウザはIEコンポーネントが使用されており、指定の位置に止まりにくい・切りにくい上、現在でも使用可能か不明です。
総決算ランキング
2014年度よりAviUtlを使用しています。

警告音を出すかどうかはここで最終決定します。ルールに沿って独断で決めます。


4.動画組み立て
AviSynth用スクリプトを書き、それを使ってフレーム(順位や再生数などの情報表示)と動画を予め合わせておくという方法もありますが、自分は動画・フレーム・音声・その他諸々全てを別々に出力し、動画編集ソフトで組み合わせています。
この時に合作であれば合作表示を行っています。再生時間表示バーもここで取り付けます。


5.微調整・完成・エンコード
一度出力し、あっているか確認します。異常が確認されれば、直した後出力し直します。それを繰り返します。
エンコードはつんでれんこ系に任せています。ただし、必ず「3 - おおめ」で出来るだけパラメータを指定します。
100MB以内に収まれば投稿します。



*1 - ランキングデータファイルに投稿者情報を追加するツール(まーきのブロマガ) 使わせて頂きました、ありがとうございました。

告知やら統計ばっかりだったので久々に書きます。なお一番最初の記事の動画編は一身上の都合により製作を中止したので書けなくなりました。申し訳ないです。


音声編
裏表ラバーズ×チャー研の時から基本は変わっていませんのでそこは省略します。
滑舌をごまかすためにさらに2つの歌声を混ぜています。いずれも女性の声です。
はっきりとした発音が出来る、女性or女性が出している男の子の声なら何でも良いので、詳細は省略します。
同じようにUTAUとかで作って、REAPERとかで組み合わせるのみです。


動画編
ほぼ全て絵を提供して頂いた方のおかげです。改めてお礼申し上げます。
ロゴは動画製作ソフトで製作しました。色合いは赤と黄色で研っぽく見せたつもりでしたが、今見ると明らかにあり得ない組み合わせになってますね。反省します。

再現元にさせて頂いたPVがほぼAviUtlで作られたように見えましたので、同じようにAviUtl+拡張編集プラグインでエフェクトを生成しました。音声波形はまさにそれかもしれません。序盤、07:09.00で止まるタイマーなどはAviUtl+拡張編集プラグイン+スクリプトです。
組み立てなどVegasで出来ることはVegasで行っています。先にVegasで組み立てて、後からエフェクトを掛けるのはもちろん、AviUtl+拡張編集プラグインでアルファチャンネルを有効にした状態でエフェクトを作った後、アルファチャンネル付で出力してVegasに乗せたりもしました。
メインフォントは「游明朝体」なのは分かりましたが、それ以外が分からなかったので適当です。


AviUtl+拡張編集プラグインでアルファチャンネル出力を有効にする場合は、必ずScene 1以降にアイテムを置いた上で、右クリックでシーンの設定を開き、「アルファチャンネルあり」にチェックを入れておいて下さい。
出力は、ファイル→プラグイン出力→拡張編集AVI/BMP出力(RGBA)です。



Vegasでは、アルファチャンネルを持った動画を右クリックしプロパティを出した状態で、メディアタブの「アルファ チャンネル」を画像の通りにします。

(画像加工済み、本来はもっと項目があります)




ちなみに、「游明朝体」含む游書体ライブラリーは有料フォントです。
Windows 8.1(Update適用推奨)以降、OS X Mavericks(10.9)以降では、各OS独自の拡張が入った上で太さ制限が入った「游ゴシック」「游明朝」が搭載されていますが、利用はOSの利用規約に依存するのでオススメはしません。
Windows 8.1のライセンス条項(利用規約に該当)では、追加条項に記載されている『10.フォント、アイコン、画像、および音声』のうち、『a.フォント コンポーネント』項目にて、
本ソフトウェアの実行中、お客様は本ソフトウェアに付属のフォントを使用してコンテンツを表示および印刷することができます。お客様は、コンテンツを印刷するためにフォントをプリンターまたはその他の出力デバイスに一時的にダウンロードしたり、フォントの埋め込みに関する制限の下で許容される範囲でコンテンツにフォントを埋め込んだりすることができます。(Windows 8.1 のソフトウェア ライセンス条項、上記項目より引用)
と明記されていることだけを乗せておきます。




ブロマガは「ブログ+メールマガジン」の略みたいです。メールマガジンとして配信しても問題ないようにここではメイキングらしきものを書いておきます。
今回は「裏表ラバーズ×チャー研」の音声作成です。


使用ツール
  • REAPER
  • UTAU


1.まずは歌わせる人を決定させて、せっせと50音切り出します。
この頃はある方にもらった研の人力素材はありましたが、発音をもっとはっきりさせるため作り直すことにしました。
というわけで歌わせる人は「研」となります。

2.UTAUをインストールしたフォルダ内の「voice」フォルダに切り出した50音をフォルダごと放り込みます。

3.次にUTAUで範囲指定等の「oto.ini」を作成します。
いちいち調整するのは大変ですので、↓のウィンドウの何も文字やボタンとかがないところをダブルクリックし
一気に自動で調整・周波数判定してもらいます。



4.そしてBPMを指定した後、せっせと音程及び歌詞を打ち込みます。
存在しない音の場合切り出して2をやり直すか歌詞変えてごまかします。



5.聞いて音程が合っているかテストします。
範囲指定して再生ボタン押せばプレビュー用のファイルを作って再生してくれます。
あってなかったら微調整、もし生成中にプログラムがフリーズしてしまった音があった場合、その音を特定して2の画面で微調整します。


6.生成したらREAPERに入れて原曲と合わせ後は他のドラムとか付けて完成です。
現在公開してるものはドラム入れずに音付けて終わらせました。あれはあくまで試聴曲扱いです。


動画はまだ出来ていないので後回しで・・・

↑このページのトップヘ